結露シート 剥がし方

簡単、結露シートの剥がし方

スポンサーリンク

冬になるとダラダラと窓を滴り落ちる結露に悩まされる家も多いですが、現在ではさまざまな結露防止グッズが販売されています
気軽に結露の防止ができるアイテムとして人気なのが、結露シートです。
水で気軽に貼れるものや粘着テープで貼るものなどさまざまあり、見た目にもきれいなものやかわいいものがあり、冬の憂鬱な気持ちを軽減してくれます。
しかしながら、ひとたび結露シートをきれいに剥がそうとすると、粘着テープが残ってしまったり、窓に跡が残ってしまったりと、元の窓に戻すのを苦労しているひとも多い傾向です。
基本的には何年も貼るのではなく、ワンシーズンごとに張り替えることがおすすめであり、このほうが比較的きれいに取れます。

スポンサーリンク

実際に結露シートを剥がした時に跡が残った経験がある人は剥がし方を工夫して行うとよいでしょう。
例えば、お湯を含ませた布や雑巾などで粘着部分を温めて糊を溶かしてから剥がす剥がし方やドライヤーなどで、結露シートを温めてから剥がす方法があります。
多くの場合みず糊などを採用しているため、温めることで溶けて簡単に剥がすことが可能になります。
このような方法で剥がしても部分的に糊が残ってしまう場合にはスクレイパーなどで取る方法や、住宅用洗剤を含ませたもので、ふき取るなどの方法が有効です。
そのほかにアルコールをしみこませた布でふき取る方法やシール剥がしを使用する方法もあります。
状況に合わせて、さまざまな方法を試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク