3DS 結露

3DSの結露と、その対策について

スポンサーリンク

 結露と言う現象をご存知でしょうか。
コップに冷たい水を注ぐと、コップの表面に水滴が付着する事があります。
これは空気中に含まれていた水分がコップによって冷やされ、液体化したものです。
これが結露という現象になります。

 

 コップだけであれば全く問題の無い物ですが、これが電子機器に発生すると故障の元となります。
エアコンなどの故障が有名な所ですが、ゲーム機にもこの故障が発生する事があります。
特に、あちこちに持ち運べる3DSなどにはその傾向が強くあります。

 

 この場合注意すべきなのは、『防水加工をしていても完全に防げない』と言う事です。
防水はあくまで実際の水に対しての対応なので、空気中の水分に対してはほぼ無防備になってしまうのです。

スポンサーリンク

 では、3DSの結露が多い場所とはどこでしょうか。
一番考えられるのは、風呂場です。
お風呂に浸かっている時に、その時間つぶしとして3dsを楽しむ事がありますが、その際にしっかりした対策をしないと、結露が起きてしまいます。

 

 風呂場で遊ぶ際には、真空パックの袋などに包み、遊ぶ事が多くあります。
この場合、外からの水分は入る事はありませんが、パック内の大気にはもちろん水分が含まれています。
そして、風呂場は非常に温かくなっているため、その温度差で結露が起りやすくなっているのです。

 

 これを回避するためには、パックの内側と外側の温度を同じにする必要がありますが、これはかなり面倒な手順を踏む必要があります。
風呂場でのゲーム機使用は、控えた方が良いと思います。

スポンサーリンク