結露 防止 洗剤

結露防止に洗剤を使う方法

スポンサーリンク

冬になると家の窓が結露することに多くの人が悩んでいることと思われます。

 

対策方法はいろいろあります。
ペアガラスなど結露が起こりにくい商品も出ていますし、断熱シートを貼る方法、エアパッキンを貼る方法などが知られています。

 

 

何も貼ることが出来ない窓やガラス、鏡の結露防止方法の一つに、表面に洗剤を塗るという方法があります。

 

やり方は、まずガラスの表面に台所洗剤を薄く塗りのばして、水シャワーで軽く洗い流します。
ガラスや鏡の表面に、見えないほどの薄い洗剤が残っている状態にすることが重要です。

 

表面の薄い洗剤が水の幕を薄く保ち、ガラスの表面が常に濡れている状態を保つことによって曇りが起こらない仕組みになっています。

スポンサーリンク

この方法はお風呂場のガラスや鏡に特に有効です。
台所洗剤以外にも、髪を洗うシャンプーなども有効です。
成分に含まれている界面活性剤が水の幕を保つ役割をしています。
お風呂場ならその場にあるシャンプーが使えるので楽と言えます。
曇り効果が無くなったら、時々塗り直します。
その時は残ったシャンプーをこすってしっかりシャワーで取り除き、乾いた状態にしてから塗り直すと効果的です。

 

 

他にも、例えば水泳のゴーグルの内側が曇ってしまうのを防止させるのにも役立ちます。

 

注意点は、この方法はガラスの表面が濡れていることが前提なので、乾いた場所だと効果がありません。
水泳ゴーグルも、一旦乾いてしまうと曇り防止効果が無くなりますので、時々プールの水や目を洗う水道の水で濡らすことが重要です。

スポンサーリンク