結露 床 腐る

結露によって床が腐る

スポンサーリンク

結露によってフローリングの床材が腐るというのはよくあります。
対策方法としてはできるだけ結露が発生しないように工夫をすることと、こまめに拭き取ることが必要です。
また、水分が吸収されにくくするために、フローリング材にワックスをかけることも有効です。

 

結露が発生しないようにするためには、室内外の温度差をなるべくなくし、室温をあまりあげすぎない、換気扇を上手に利用して室内の空気を循環させる、家具や荷物を壁から離し、空気の流れを作る、浴室や台所の湿気が他の部屋に行かないようにする、除湿機を上手く利用する、窓にシートや断熱フィルムを貼るなど、いろいろな工夫が必要です。

 

最近では断熱性能を向上させたガラスが登場しているので、このような断熱ガラスを活用することも一つの方法です。

スポンサーリンク

賃貸物件の場合は退去するときに膨大な費用を請求されることもあるので、管理会社に一度相談して早めの対策をすることが必要です。

 

結露が発生しても適切な処理をしなかったり、部屋を換気するなどの事前対策をしなかった場合は入居者負担の工事が必要となります。

 

しかし、建物の構造上仕方が無い場合や入居者がどんなに努力しても結露の発生を防げない場合は、管理会社や貸主に報告すれば貸主負担で工事をしてもらえる可能性があります。

 

すぐに直すべきか、退去するまで放っておくべきか難しいところですが、少しでも床が腐るという状態になってきたら、初期の段階で対策をすることが大切です。
一旦ひどくなると完全に修復することが大変困難になるので注意が必要です。

スポンサーリンク