結露防止 プチプチ 貼り方

結露防止になる窓のプチプチの貼り方

スポンサーリンク

冬になると窓が結露するのが嫌という人は多いと思います。

 

窓の結露は、窓の中と外での温度差が主な原因です。
部屋の中の空気が外気の冷気を通じて窓の表面で冷やされ、空気中の水分が水蒸気の状態を保つことが出来ずに水となって現れるという仕組みです。

 

簡単にできる窓の結露防止方法の一つに、窓にプチプチを貼る方法があります。
プチプチと呼ばれるエアパッキンの断熱効果を利用し、温度差を少なくする方法です。

 

窓のサイズ以上のエアパッキンと両面テープを用意します。
出来れば水に強い素材の透明な強力両面テープを用意します
貼り方は、まず、エアパッキンを窓のサイズに切ります。
サイズが足りない場合は接ぎ足しますが、できるだけ隙間がなくぴったり合わせるのが重要です。

スポンサーリンク

そして窓に両面テープで貼っていきます。
断熱するためにしっかり隙間なく張ることが重要です。

 

結露防止をしっかりするためには、エアパッキンの表裏を間違えないことが重要です。
エアパッキンの凸面を窓に接するように貼ります。

 

逆にしてしまうと、凸面部分だけしか断熱されませんので効果が半減してしまいます。
凸面だけにテープが接することになるため、強力両面テープでないと剥がれやすくなってしまいます。

 

結露は窓の下の方が酷くなるため、掃き出し窓などで窓全面に貼るのはうっとうしい場合は下の方だけにするという貼り方も有効です。
エアパッキンだけでは100%結露を防げる訳ではないため、結露を吸い取ってくれる結露対策テープを併用するのも有効な手段です。

スポンサーリンク