ペアガラス 結露 原因

ペアガラスの結露の原因と対策とは

スポンサーリンク

一般生活において寒さの厳しい季節になってくると発生し、頭を悩ませるのが窓の結露です。
これを放っておくとカビの原因になったり、匂いのもとになります。

 

そもそも窓に水滴がついてしまうのは、冷たい外気にさらされて冷たくなっている窓ガラスに、暖かな室内の空気が触れることで室内の水蒸気が凝縮されて起こります。
ただ寒い冬に室内を暖かくしないわけにはいきません。
それを防ぐ目的でも人気なのが、ペアガラスです。

 

二枚のガラスを組み合わせ、内部に空気層を設けることで断熱性を高めたガラスをペアガラスといいます。
ガラスの間にある空気層が、室内側の窓ガラスに冷たい外気温が伝わるのを防いでくれます。
ところがこのペアガラスを使用しているにも関わらず、結露が発生してしまうという事例があります。

スポンサーリンク

では、なんで結露しにくいとされているペアガラスで、発生してしまうんでしょうか。

 

結果的に言ってしまえば、あくまで結露しにくいのであって、しないというわけではないということです。
窓ガラスの表面温度と室内の温度の差が生じれば、結露は生じます。

 

また、いかにペアガラスにしてあってもサッシがアルミなどの熱伝導性の高い素材で作られていた場合には、ガラス部分にしなくてもサッシ部分には水滴がついてしまう場合があります。
こうしたサッシが原因の場合には、サッシの部分を木製や樹脂製に変えると防ぐことができます。
室内の湿度を調節することで防ぐこともできます。
室内の空気に含まれる水蒸気が、冷たい窓ガラスに触れることで水蒸気が凝縮して水滴になるわけですから、室内の空気自体の水蒸気をある程度少なくしておくのも重要です。

スポンサーリンク