結露 防止 対策 原理

結露対策をするなら〜発生の原理から防止方法まで〜

スポンサーリンク

暑い暑いと思っていた夏が過ぎ、過ごしやすい秋があっという間に過ぎ去ると、だんだんと冬の気配が近づいてきます。
寒くなってきた時に使うものといえば暖房器具ですよね。
エアコンやファンヒーターなど、部屋全体を暖かくする暖房を使うご家庭がほとんどなのではないかと思います。
寒い冬には暖房は絶対に欠かせないですよね。
しかし、このとき時々問題になってくるのが結露です。
部屋が暖かくなる分、外と中の温度差によって、窓や壁などが結露してしまうことがありますよね。
結露してしまうことによって、その水分が一部分にたまってしまい、壁や床などが腐ってしまったり、劣化を早めてしまうことがあります。
湿気が溜まってカビが生えてきてしまうなどの問題が生じることも少なくはないようです。
家やマンションなどの建物をお持ちの方にとっては非常に大きな問題ですよね。
また、窓が結露してしまって、水滴がサッシのほうに流れていくと、その水が今度は外の寒さによって凍ってしまい、窓があかなくなってしまうということもありますよね。
寒い地方にお住まいの方であれば経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ちなみに私が住んでいる地方では、ひどい時にはアパートの部屋のドアが凍ってしまうということもありました。
結露によって一度水になったものが朝の冷え込みで再度凍ってしまうんですね。
これによって、朝の忙しい時間帯に、部屋のドアに体当たりをしないと外に出られないこともありました。
このように意外と悩まされてしまう結露ですが、すでに対策を行っているという方も多いはずです。
例えば、結露防止のシートを購入してきたり、断熱シートを使うことによって結露を防いでいるという方もいらっしゃいます。
対策グッズはいろいろと販売されてはいるのですが、使い方が正しくないと、きちんと効果が発揮されず、やはり結露に悩まされてしまうということがあります。
そこで、このサイトでは、結露に関する様々な問題について取り上げて、対策方法をご紹介していければと思っています。
日常に密着した問題だからこそ、便利な情報は共有できた方が絶対にいいですし、そもそもこんなサイトがあったらいいのに、と思っていたのがこのサイトを立ち上げた理由でもあります。
ここでご紹介していく方法が、少しでも皆様のお役に立てればうれしい限りです。
結露に対する知識や対策方法をサクッと覚えて、これからはお悩みとさよならしてしまいましょう。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーリンク